2009年 06月 15日 ( 1 )

5月26日にて。
少し早いかなー、居たら良いなーと思いながら足を運んでみたら、
エノキの葉の陰にミズイロオナガシジミを発見。

e0064461_23531978.jpg

別の場所でも、もう一匹見ることができました。


e0064461_23534165.jpg

自然観察園を散策していると、日に照らされて鮮やかに目立つオレンジが目に入ました。
「おお?!これはもしや・・・」
近寄ってみると、羽の痛んだウラナミアカシジミでした。
下の翅は羽化不全気味で少し縮れています。
どうか強く生きて…!


e0064461_2353565.jpg

近くの木の葉の上に、もう一頭のウラナミアカシジミを見つけました。
こちらは綺麗に羽が伸び、鮮やかな色と模様が目にまぶしい。
若々しいゼフィルスは、本当に惚れ惚れする美しさですね。


e0064461_235496.jpg

5月31日の散策にて、野川の土手に出てきていたミズイロオナガシジミ。


e0064461_2354235.jpg

白とグレーを基調に朱色のワンポイントが入る清楚でまろやかな装いです。
近寄っても大人しく飛ばずにモデルをしてくれました。


e0064461_23543779.jpg

自然観察園内でシジミチョウが下に降りていないか探していると、
お尻が光るあの子が居ました。
ゲンジボタルです。
ホタルの里のフェンスを飛び越えてきたのでしょうね。
間近で見たのは初めてで、想像していたものよりも結構大きくて驚きました。
[PR]