カテゴリ:その他の昆虫目( 4 )

野川公園自然観察園の草むらの中に、小さな動く虫を見つけました。
鞘翅がシマ模様だ。ヒメジョウカイのようです。
大きさは10ミリほど。

e0064461_10362770.jpg


園内ではあまり多くないみたい?
去年は春先に一回、今年もまだ一回しか見ていません。


e0064461_10353184.jpg


せわしなく草の上を行ったり来たり。
体の模様は変化が大きいようです。


e0064461_1036499.jpg


同じジョウカイボンの仲間では、黄色い全身に背中に黒い点があるセボシジョウカイが
葉の裏や柵でよく見つかります。


e0064461_10454217.jpg



2011年4月28日、東京都小金井市野川公園にて撮影。
[PR]
6月末のお昼過ぎ、リョウブの花に集まる虫たちを見ていると、
一緒にリョウブの前にいた撮影者さんの上着の周りを飛び交うアブを見つけました。

この日は観察園へ到着して早々、2年ぶりのクロバネツリアブを見つけ歓喜したのも束の間
しかしすぐに見失ってしまい、
ションボリしながらウロウロ探し歩いていた所でした。
「もしかしてクロバネツリアブかも!?」と、そのアブが止まるのとジッと待つこと数十秒…
クロバネツリアブに似ているように見えたけれど、でもなんだか少し様子が違う。
小さいし、全体的になんか黒い。
初めて見るツリアブです。
(意外と見ていながら気に留めていなかった可能性も大)
見失ったクロバネツリアブに凹んでいた気持ちも吹き飛びます。


e0064461_11584632.jpg

帰ってから名前を調べると、コウヤツリアブということが分かりました。
このツリアブ、黒や暗い色が好きらしく、
黒と紺色の服を着た撮影者さん二人と、白い服を着た私の3人が居る中で、
黒と紺色の服にばかりとまろうとブンブン付きまとっていました。
リョウブの花にも吸蜜(?)に行くものの、ホバリングしているばかりで止まる様子無し。
仕方がないので断りを入れて、背中に止まっている所を撮らせていただきました。
羽の付け根の部分が黒く縁は透明という綺麗な翅の塗り分けをしているのに、
それが写せず残念。



e0064461_11591231.jpg

あとで撮った写真を確認すると、飛び立ったカットが写っていました。
お尻の先の白い部分がよく目立っています。



e0064461_11592697.jpg

で、午前中からウロウロと探していたクロバネツリアブは、
コウヤツリアブの撮影後に、見失った場所のすぐ近くで帰り際に見ることができました。
粘って再確認しに行ってよかったー
胸部に生える金色の毛と、腹に入る白い模様が真っ黒の体に映えてとても綺麗。
珍しい種類ではないようですが、個人的には見つけると嬉しくなるアブです。


e0064461_1159413.jpg

大きさは15ミリほど。
翅全体がが不透明の黒色なので、余計に大きく見えました。


撮影:09年6月27日、野川公園
[PR]
ずっと気になっていたハエの仲間とおぼしき虫がいたんですよ。
23日に小金井公園のダリアの花壇で見つけた、面白い容貌をした虫。
その正体が、やっと分かりました。

e0064461_005688.jpg

ネットの大海での検索の末、
ハエ目に詳しい方の集うサイト様にたどり着き、BBSで伺いましたところ、
メバエ科の「オオズグロメバエではないか」とご回答いただけました。

ご教授くださいましたハエ男様、茨城@市毛様、どうも有り難うございましたm(_ _)m


e0064461_011398.jpg


調べてみると、メバエの仲間は、寄生性という面白い性質のハエという事が分かりました。
ハチ成虫の背中に抱きついて管を挿し込み、卵を産みつけ、
幼虫はそのハチの体内を食べながら育つそうです。


e0064461_012857.jpg


頭の赤(朱色?)さが鮮やかすぎて、見つけた時に、
一瞬(頭の皮が取れてる、ケガした虫??)と、ギョッとしてしまいました。


虫の形や配色って、本当に面白い。
[PR]
e0064461_23523958.jpg

撮影:東京都、羽村市、多摩川の羽村堰にて。050919
[PR]