カテゴリ:野川自然観察園の柵と虫( 35 )

半年ぶりの、いつものシリーズ。
野川公園のバードサンクチュアリ~自然観察園を囲む鉄柵の上にいた虫達の観察録です。


e0064461_8525219.jpg

背中に生える毛束が可愛いウラナミアカシジミの幼虫。


e0064461_8531210.jpg

保護色のように柵に溶け込んでいたホオズキカメムシ。


e0064461_8533740.jpg

お腹の大きなデーニッツハエトリのメスがいました。


e0064461_854192.jpg

成虫になるのが待ち遠しいアカスジキンカメムシの幼虫。


e0064461_8544762.jpg

初夏になると現れるセボシジョウカイ。


e0064461_8551354.jpg

ニトベエダシャクの幼虫。
調べると、食草はカバ科、ニレ科、バラ科、クワ科など多岐にわたるそうです。


e0064461_8553925.jpg

初夏になると毎年たくさん観察できるクヌギカメムシの幼虫。


e0064461_8555838.jpg

大きなカメノコテントウが柵を歩いていました。
[PR]
野川公園のバードサンクチュアリ~自然観察園を囲む鉄柵の上にいた虫達の観察録です。


e0064461_2232970.jpg

コカマキリのメスが逆さまにぶら下がっていました。
秋の虫たちで賑わう柵の上、きっとご馳走たくさんゲットだね。



e0064461_22322994.jpg

ジョロウグモのカップル。
左側の大きな方がメスで、右に居る小さな方がオスです。
そろそろ産卵を迎えるのか、柵沿いに張られたジョロウグモの巣の主たちは、
どこもカップルが同棲をしていました。



e0064461_22325220.jpg

柵の継ぎ目の下を覗くと、ウスグモスズが群れていました。
クサヒバリのような姿をしていますが、オスには発音器が無く鳴きません。



e0064461_22331753.jpg

カネタタキがチラリと姿を見せてくれました。



e0064461_22334627.jpg

アオマツムシの姿もいくつか観察できました。もうだいぶお疲れ模様。
夏の虫達の姿は、気付けばくとずいぶん減っていました。



撮影:2009年10月9日、東京都、野川公園
[PR]
パソコンの調子が悪かったり、いろいろと機能不全気味でご無沙汰していました。
リハビリに、相変わらず続けている野川公園のバードサンクチュアリ~自然観察園を囲む柵の上で見られた虫たちの、10月分のまとめを載せていこうと思います。
(画像はクリックで拡大します)


e0064461_2141097.jpg

オオトビサシガメがアカスジキンカメムシの幼虫を捕食していました。



e0064461_2141181.jpg

ドングリが熟すこの時期がちょうど発生のピークなのか、
クヌギシギゾウムシが何匹も歩いていました。
コナラも生えているので、コナラシギゾウムシの可能性も。


e0064461_21413366.jpg

シギの嘴のように、口がすらっと長く伸びていてカッコイイ。
茶色っぽいものと白っぽいものと、体色が2パターンありました。



e0064461_21414963.jpg

ウマオイのメス。



e0064461_2142635.jpg

シギゾウムシに混じって撮っていたハイイロチョッキリ。
そういえば、ずいぶん口の太いシギゾウムシだなーと思って撮った記憶が・・・



e0064461_21422955.jpg

顔をしきりに掃除していました。




e0064461_2142469.jpg

これはおそらくヤサイゾウムシ。


e0064461_2203543.jpg

小さなヤニサシガメの幼虫がガの幼虫を捕まえていました。



e0064461_2204914.jpg

アカスジキンカメムシの幼虫は常連さん。



e0064461_221338.jpg

ヒラタゴモクムシかな?
オサムシの仲間は見分けが難しくて、難しくて、なかなか分かりません。
足の赤さが印象的でした。



e0064461_221595.jpg

ホオズキカメムシ。



e0064461_2221460.jpg

コバネイナゴ。



e0064461_2222835.jpg

ホシハラビロカメムシ。


e0064461_2224388.jpg

ツマグロヒョウモンのサナギが一つぶら下がっていました。


他、ウスグモスズやナミテントウ、ジョロウグモなどが観察できました。



撮影:2009年10月4日、東京都、野川公園。
[PR]
8月7日の散策写真の続きです。
武蔵野公園から野川伝いに下流へ自転車を走らせ、野川公園へ。
毎度の癖でバードサンクチュアリと自然観察円を囲むフェンスを眺めていると、
大きなトンボが目に入りました。

e0064461_825252.jpg

このがっしりとした胸部と、太目の腹部には見覚えが・・・
青緑の大きな目と、鮮やかなレモンイエローがとても綺麗。


e0064461_83982.jpg

ミドリシジミやトラフシジミを追いかけていた7月頭に、
観察園内の池で見かけたとの報を聞いていたので、間違いありません。
2007年の夏以来、2年ぶりの再会のオナガサナエです。



e0064461_832682.jpg

2008年の同じ時期に何度も通ったものの、
さっぱり一頭も見られなかったのは何故なんだろ?
探し方が悪かったのかなー


e0064461_834456.jpg

柵の上では、アオマツムシの幼虫も見ることができました。
あと半月も過ぎればたくさんのアオマツムシの大合唱が響き渡ります。




撮影:2009年8月7日、東京都、野川公園
[PR]
毎度お馴染み柵の上シリーズです。
並びは見つけた順になっています。

e0064461_0287.jpg

自転車を手で押しながらバードサンクチュアリ~自然観察園を囲む柵の上を見ていると、
ド派手な幼虫を発見。
調べてみると、ヒメシロモンドクガのようです。



e0064461_0318.jpg

柵の上の常連さんナナフシモドキ。
春先に見た頃よりも、だいぶ大きくなりました。



e0064461_03193.jpg

チャバネアオカメムシのカップル。

少し先の方に柵と接するようにクワの木が生えており、
そこにいつもチャバネアオカメムシが群れています。



e0064461_035254.jpg

マガリケムシヒキ。
お尻の先がマッチ棒状に丸くなっているのでオスのようです。


e0064461_051212.jpg

アカスジキンカメムシが急ぎ足で歩いていました。
[PR]
3月17日、野川公園にて。
ネコハエトリに引き続き、毎度お馴染みバードサンクチュアリ~自然観察園の鉄柵で見つけた虫たちの
報告です。
厳密に言えばクモは虫ではありませんが、その辺は気にせずにー


e0064461_22111435.jpg

冬眠から目覚めたトビイロツノゼミがとまっていました。
全長5mmほどのとても小さな虫です。


e0064461_22113179.jpg

セミというよりも、アワフキムシに似ているような…(大きさ的に)
どちらも同じカメムシ目です。
この日はここで2匹ほど見ることが出来ました。


e0064461_22131754.jpg

薄い緑色をした小さなクモが巣を張っていました。
お腹の水玉状の模様が綺麗です。ウロコアシナガグモでしょうか?


e0064461_22133885.jpg

尺取虫も顔を見せてくれました。
初夏に向けて柵の上がだんだん賑やかになって行きます。
今年はどれだけの種類の虫たちに会えるかなー
今から楽しみです。
[PR]
いつものように、柵の上観察記。
その日に目に付いた柵の上のメンツです。


e0064461_1272652.jpg

大きなナナフシモドキ。
前足も足すと、私の手の平よりも大きいというか長いというか。
もう成虫の大きさでした。


e0064461_1274876.jpg

クサギカメムシ。
カメムシを観察していると、カメムシには触ってもいないのに
手やその周りが、ほのかにカメムシ臭くなる事があります。
嫌がられて臭いガスを噴射しされてるのか・・・?


e0064461_1281585.jpg

羽化して間もないカメノコテントウ。
奥にぼやけて抜け殻が移っています。

初めて見ました。
ナナホシやナミテントウの羽化して間もない身体は黄色をしていますが、
カメノコテントウはそれらとは違い、鮮やかな朱色をしています。
良いものが見れました。
[PR]
毎回のように、野川公園のバードサンクチュアリ~自然観察園に張り巡らされている
柵の上ので見つけた虫たちの記録です。


e0064461_945474.jpg



e0064461_9452138.jpg

↑ ナミテントウ。 サナギも成虫も数多く見られました。



e0064461_9454851.jpg

↑ イナズマハエトリのオス。



e0064461_94647.jpg

↑ モンキクロカスミカメ。 
柵の上でも観察園内でも、複数見ることが出来ました。
[PR]

柵の上観察記の続きです。


e0064461_2153390.jpg

↑トビイロツノゼミ。



e0064461_2164519.jpg

↑トビイロツノゼミの幼虫?を食べているアリグモ。



e0064461_217764.jpg

↑ナナフシモドキ。



e0064461_2172367.jpg

↑クロボシツツハムシ


ほか、セボシジョウカイやチャバネアオカメムシを見ることができました。
[PR]
毎度おなじみの、バードサンクチュアリ~自然観察園に張り巡らされている
柵の上の観察記です。


e0064461_25553.jpg

↑シロスジツトガ



e0064461_261335.jpg

↑ウシカメムシ



e0064461_262932.jpg

↑サビキコリ



e0064461_26516.jpg

↑初めて見ました。
調べてみると、カメノコテントウの幼虫のようです。
[PR]