<   2006年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

e0064461_1315675.jpg

観察園から出て、野川の川岸を見ていると、
黒くてお腹の黄色い帯がよく目立つ丸いアブを見つけました。
川岸を覆っているアレチウリの花を、さかんにつついていました。

家に帰り名前を調べてみると、オオハナアブだと分りました。
複眼が接していないので、女の子のようです。


e0064461_1321668.jpg


野川の岸では、ササキリがあちらこちらで鳴いていました。
もちろん観察園内でもササキリの鳴く声がたくさん聞こえていました。

撮影:東京都、野川公園にて。060923


e0064461_1323857.jpg


帰り際に武蔵野公園のくじら山前辺りの桑の木を見てみると、
クワコの幼虫が、繭を作る準備をしていました。

関連記事⇒クワコの幼虫


e0064461_1325748.jpg


今年になって最初のウラナミシジミを見つけました。
もう夕方の4時に近づき、眠る準備を始めているのか、
ネコジャラシの上にジッと止まっていました。


撮影:東京都、武蔵野公園の野川の岸にて。 060923
[PR]
e0064461_12514745.jpg


ギンツバメ。
去年も同じ時期に自然観察園内で見ることが出来たので、
きっと毎年ここに姿を現しているのでしょうね。

関連記事⇒ギンツバメ


e0064461_12522823.jpg


ホオズキカメムシがナス科の草の茎に群れていました。

e0064461_12533533.jpg



撮影:東京都、野川公園自然観察園にて。060923
[PR]
e0064461_12323576.jpg


この日は赤トンボの姿が多く見られました。
いろいろと撮って帰り、調べてみると、
この子はヒメアカネのオスだと分りました。

カメラを向けている時には気付かなかったけれど、ディスプレイでゆっくり観察してみたら、
胸の模様がアキアカネと違います。
身体の配色も顔の色も、よく見ると微妙に違うよね。
アキアカネが比較対象になっているのは、単純に一番数多く見られるからですよー。

赤トンボに限らず、トンボの同定って難しい。
精進します。

撮影:東京都、武蔵野公園内の野川の岸にて。

e0064461_1232556.jpg


野川公園自然観察園の中の一角では、彼岸花が満開に咲いていました。

e0064461_12332174.jpg


場所によっては白い彼岸花も見ることが出来ました。


撮影:東京都、野川公園自然観察園にて。
[PR]
e0064461_12242735.jpg


アキアカネの姿を見かけるようになりました。
これは真っ赤なお腹なので、オスでしょうねー。

e0064461_12231242.jpg


武蔵野公園、くじら山の前辺りの様子。
コスモスが咲き始めていました。


e0064461_1225119.jpg


ヒメアカタテハの姿が、よく見られるようになりました。


東京都、小金井市、武蔵野公園にて。060923
[PR]
いつも通りのコースで、貫井弁天さま~神社下の野川岸~武蔵野公園~野川公園の順に、
虫くん達の顔を見に行ってきました。


e0064461_12102739.jpg

ミヤマアカネ。
赤さが目を引きました。


e0064461_12111785.jpg

ヤブガラシのお花にキオビツチバチがいました。
大きな身体を重そうにしながら、花と花の間を飛んでいました。

e0064461_12114289.jpg

ツバメシジミが初秋の陽を受けて白く光っていました。



撮影:東京都、小金井市、貫井神社近くの野川の岸にて。060923
[PR]