<   2008年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧


4月29日のログの続きです。

野川公園へ入ってからは、もっぱら川岸へは降りず、
バードサンクチュアリ~自然観察園と野川土手の遊歩道を隔てる柵に
視線を張り付けています。


e0064461_1439484.jpg

アオオビハエトリのオス。
前腕を持ち上げて振り下ろす独特の万歳ポーズを披露してくれていました。


e0064461_14391813.jpg

ジーッと見つめて、「・・・あ、アリグモだ。」
春から夏までの間、アリグモは柵の上の常連さん。



e0064461_1441635.jpg

成体のオスになると立派な顎が出来るのですぐに見分けが付きますが、
幼体やメスにはそれが無く、本当にアリそっくりです。
[PR]
武蔵野公園の野川の土手の続きです。

e0064461_1041163.jpg

ヒシバッタ。


e0064461_1094869.jpg

ヒメギスの幼虫。
幼虫は初夏にたくさん見かけるけれど、
親の姿は実は未だに拝めていない。


e0064461_1010242.jpg

お腹の大きなコガタルリハムシのメス。
どこのギシギシも、葉を幼虫に齧られて穴だらにしていました。


そうそう、この日は大きなアオダイショウに遭遇しました。
すぐ近く・・・・というか、しゃがみ込んでいたすぐ足元にいたらしく、
立ち上がりながらデジカメから目を離したときに、
ガサガサと鳴った茂みの下から頭がニュっと出てきて、
ギョッとしました!

相手もビックリしたのか、
こちらが硬直しているうちに、あっという間に川べりの茂み深く潜ってしまいました。
カメラには収められず、ちょっとt残念。

お天気が良く、気温が上がっていたから、
たぶん日光浴をしに這い出してきていたのでしょうね。


野川土手で日光浴中のアオダイショウとは、
今までにも何度か遭遇していますが、
相手が動かないと、毎回まったく気付けません。
今回も全然気付かなかったなあ。。。汗汗
[PR]
若葉の茂る野川の土手で、
葉っぱの先っちょに姿を見せていた虫君たち。

e0064461_9543563.jpg

ムナキルリハムシ


e0064461_955776.jpg

ヤサイゾウムシ


e0064461_9562878.jpg

ウスチャコガネ

e0064461_9564333.jpg

[PR]
花と緑と虫たちで、土手が賑やかです。

e0064461_1594152.jpg

ナナホシテントウ。

e0064461_20574.jpg

カラスノエンドウでアブラムシを食べているナミテントウ。

e0064461_201982.jpg

ハルジオンの花とベニシジミ。
[PR]
川岸と土手では、マミジロハエトリをたくさん見ることが出来ました。
ジッと見ていると・・・

e0064461_1515354.jpg

パッと顔を上げる彼女。

あっ、気付かれた


e0064461_15215100.jpg


カメラ目線。


e0064461_1525473.jpg

[PR]