<   2008年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

7月20日、野川公園自然観察園にて。

e0064461_2105050.jpg

木の杭の上に、可愛い子がチョコンと乗っていました。


e0064461_2111299.jpg

ノドから胸にかけての淡いレモンイエローが綺麗です。
お腹がポッテリとしているのは、
卵を持っているのか、たくさんの虫を食べて肥えているのか…


e0064461_2112916.jpg

すらっと長く伸びた尾は、身体の2倍近くありました。
[PR]
e0064461_23212043.jpg

成熟したリスアカネのオス。
この日は赤トンボはリスアカネ4匹ほどと、コノシメトンボのメスを一匹見ただけでした。
アキアカネはまだ里まで降りてきていないのかなあ。


e0064461_23214319.jpg

シロスジベッコウハナアブ。
大きくて存在感があり、見かけるとついつい追ってしまいます。
お腹の辺りなんか特にテカッとして、プラスティックのような質感が面白いです。


e0064461_232236.jpg

赤みが強いので、秋型のキタテハかもしれません。
翅が紅葉した葉っぱのようで、秋を感じるチョウですね。
[PR]
野川公園自然観察園で出会えた虫達の続きです。

e0064461_23152521.jpg

茂った草の葉陰でササキリが盛んに鳴いていました。
警戒心が薄いのか、かなり近寄ってもずっと鳴き続けてくれます。
毎年思うけれど、ササキリは本当に愛想のいいモデルさん。


e0064461_23154441.jpg

エサキモンキツノカメムシのメスが、卵を守っていました。
卵を産んでから子供が孵化し、2令幼虫へ育つまでの間、母虫は子育てをします。

そろそろ寒くなるのに、これからの成長、大丈夫なのかな?


e0064461_2316855.jpg

ナガコガネグモの立派な成体。
お腹の黄色いトラ縞が眩しいです。
[PR]
10月4日、野川公園の自然観察園と隔てる柵の上にて。

e0064461_1327338.jpg

最初はハラビロカマキリかな?と足を止めました。
よく見るとカマの内側に、コカマキリの特徴のシロと黒の模様があるじゃないですか。

たまに出現するといわれる緑化型のコマカキリのようです。
初めて目にしました。嬉しいです。


e0064461_13312635.jpg

太陽の光の加減で、部分的に色が黄色く飛んでしまいましたが…
全身、薄い明るい緑色をしていました。


e0064461_1337482.jpg

少し離れた柵の上にいた通常通りの薄茶色をしたコカマキリ。
薄茶の色彩にも幅があり、こげ茶~黄色みの薄茶の体色が見られるようです。
[PR]
初秋の自然観察園の様子です。
前回からしばらく経ってしまいましたが、またひっそりと更新ていきます。


e0064461_124678.jpg

案内標識にとまったヒカゲチョウ。


e0064461_1244821.jpg

アザミの花に来ていたツマグロヒョウモンのオス。
園の内外問わず、たくさん飛んでいました。


e0064461_1251863.jpg

最近の雨の多さで、湧き水が豊富のようです。
湿生植物ゾーンは地面が浅く水没していました。
そこへ奥の鏡池でよく見かけるリスアカネが遠征中。




つい数日前のこと、今まで使っていたコンパクトデジカメがとうとう壊れてしまいました。
本体の真ん中のつなぎめのネジが落ちてしまったらしく、
カバンの中でパカッと開いていました orz オオ、ナントイウコトダ…

修理に出す事も考えましたが、父がデジカメを買い換えた時にお下がりで貰った物で
トータル10年近く使い込んだ子だから、そろそろ引退時期なのかも。
(320万画素が最新だった時代のデジカメですー)

なので、修理には出さずに新しいデジカメを購入予定です。
マクロに強いお手ごろ価格のコンデジを探索中。

10月4日撮影の画像からは、両親に借りたデジカメの画像に変わります。
色味とか、少し印象が変わるかな。
それ以前に使い方がまだおぼつかないという・・・汗汗
[PR]