野川公園のエノキの葉で見つけた派手な幼虫。
調べると、ミツボシキリガのようです。
朱色の大きな頭が異様に目立って、ちょっとグロテスクに感じました。

e0064461_2225956.jpg


葉巻状に綴り合わせた巣に潜っていました。
お尻の赤い部分がチラリと見えています。

e0064461_2241655.jpg



↓観察園内のエノキの若木にいたアカボシゴマダラの幼虫。
e0064461_2253441.jpg

丸々と大きく育っていました。
もうすぐ蛹になるのかな?

e0064461_2262350.jpg



↓観察園内の通路の縁を歩いていた何かの幼虫。
e0064461_2305830.jpg


いつも参考にしている幼虫図鑑さんで調べてみたものの、お名前は分かりませんでした。

e0064461_2334371.jpg



撮影:野川公園にて、2011年5月14日。
[PR]
5月14日、野川公園の自然観察園にて。
観察園で虫探しをしていると、先に来られていた顔見知りの虫撮り仲間さんが「羽化したばかりのようなゴマダラチョウが、下でジッとしてましたよ」と教えて下さいました。
今年最初のゴマダラチョウ!いそいそと撮りに現場へ急行。

e0064461_0575245.jpg

葉っぱの上にチョコンとゴマダラチョウがとまっていました。
夏の終わり頃まで園内で目撃情報を耳にするものの、なかなかタイミングに恵まれず、
まともにゴマダラチョウを見るのは初めてでした。
オレンジの目が印象的ですね。
自分の記憶よりもだいぶ白く感じ、気になって調べました。
すると、第一化は裏翅の白色部分が大きくなる事が書かれていました。
なるほど!

e0064461_058163.jpg

しばらくジーッと待ち…、触角をモゾモゾ動かし始めたあとに翅を開きました。
図鑑に載っている通りのきれいなゴマダラ模様です。

e0064461_0584336.jpg

5人ほどで撮影する中、気にする様子もなくペッタリと翅を広げた様子。
飛び立つための太陽光エネルギーをチャージ中。

e0064461_103892.jpg

その場の皆が撮影に満足するまで、飛び立つ事なくゆったりときれいな姿を見せてくれました。


e0064461_1431516.jpg

虫撮りをしながら散策中、クヌギ(コナラ?)の葉の裏でゼフィルスの蛹が見つかりました。
アカシジミかウラナミアカシジミかミズイロオナガシジミのいずれかだと思われます。
成虫が出てくるまで、もうすぐですね。


e0064461_1433874.jpg


鉄柵にはコムラサキの蛹がぶら下がっていました。
すぐ近くには食草のヤナギがあり、5月上旬から風で落下した幼虫を鉄柵で見掛けていました。
それらが樹上へ戻れず、ここで蛹になったのかもしれません。


見られる虫たちの数も種類も、これからどんどん増えていきます。
楽しい季節が到来しました♪
[PR]