タグ:昆虫 ( 146 ) タグの人気記事

トンボ以外にも虫探し。
ハラビロトンボとヨツボシトンボを撮った水辺にタチヤナギ?の若木が生えており、
ヤナギルリハムシが集まっていました。

e0064461_144854100.jpg

紺色をした体長4ミリ程のとても小さなハムシ。ヤナギ類に付きます。


e0064461_14493125.jpg

野川公園でも野川に沿ってシダレヤナギが植えられている周りで、樹上から落下し観察園のフェンスを歩きまわるヤナギルリハムシをよく見かけます。


e0064461_14555968.jpg

すぐ近くの枝先でカメノコテントウを見つけました。


e0064461_14561880.jpg

飛び立ちそうな予感。鞘羽を開いた所を写そうと構えるも…

e0064461_14564265.jpg

ちょっとの差で失敗!

カメノコテントウはクルミハムシの幼虫を捕食すると、図鑑等によく書かれています。
そういえばこの前、野川の虫仲間さんが『柳にたくさんのカメノコテントウが集まっていた。もしかしたらヤナギルリハムシの幼虫を食べているかも?』と話していた事を思い出し、グーグルで調べてみました。
その結果、クルミハムシ以外にも、ドロノキハムシ、ヤナギハムシ、ヤナギルリハムシなどハムシの仲間の幼虫を食べる事が分かりました。
なるほど!
野川公園でもヤナギルリハムシがたくさんいる場所には、決まってカメノコテントウもたくさん見られます。



e0064461_1522108.jpg

ハーブ園の溜め水に、数ミリほどの小さなアメンボの仲間が4、5匹群れていました。


e0064461_1525670.jpg

翅が見当たらない…、幼虫のようです。
[PR]
e0064461_10302650.jpg

6月3日、用事があって立川へ行った帰り、そういえば昭和記念公園でヨツボシトンボが見れるとネットで見かけた事を思い出し、寄り道してきました。


e0064461_1030443.jpg

奥のトンボの湿地まで行かなきゃ見れないのかな…と順路と時間を気にしながら最初に向かったハーブ園下。
花菖蒲がきれいに咲き始めていました。


e0064461_1031135.jpg

さっそくハラビロトンボのオスを発見。
寸胴にしたオオシオカラトンボのようです。腹の濃い水色がカッコイイ。


e0064461_10311988.jpg

野川の周りでは、去年に武蔵野公園近くで目撃情報を聞きましたが、自分は見られず仕舞い。
見れそうでなかなか見られないトンボです。


e0064461_10313969.jpg

ハラビロトンボのメスを探すも見つからず…。
黄色っぽいトンボが数頭、チリチリと羽を鳴らして競り合っているのが気になりました。


e0064461_10341582.jpg

とまった姿をよく見てみると、翅の中ほどに特徴的な黒いマークを確認。
ヨツボシトンボです。
あっさり見つかった!


e0064461_10343442.jpg

翅の模様が涼やかですね。
これは成熟個体なのかな? 未成熟なのかな? 初見なので分かりません。
昭和記念公園のホームページを見ると、4~6月に観察できると載っていました。
ちょうどいい時期に観察できたようです。

e0064461_10345827.jpg

図鑑の写真っぽく撮れた一枚。
[PR]
6月4日に野川公園で観察したガ達です。


e0064461_3484478.jpg

ウストビモンナミシャク。


e0064461_349291.jpg

腹をググッと上に持ち上げた独特のポーズをします。


e0064461_3491946.jpg

トビスジアツバ。


e0064461_3514180.jpg

キクキンウワバ。
初めて見ました、ゴールドのような、ライムイエローのような翅の模様が綺麗ですね。


e0064461_352676.jpg

ビックリして翅を持ち上げたキクキンウワバ。
下の翅と腹が薄黄色をしています。そのため、飛んでいる時は黄色いガに見えました。



e0064461_3571957.jpg

チャオビヨトウ。



e0064461_3575946.jpg

マエキカギバ。
[PR]
今年のミズイロオナガシジミの初撮りは、6月4日。
午前中に野川公園で探してみたものの、見る事が出来ず、午後から移動した浅間山公園ででした。

e0064461_273740.jpg


去年ミズイロオナガシジミを見つけた場所を思い起こしながら、その辺りを探していると、
散策路沿いのササ藪の中に白い姿を発見。

e0064461_28296.jpg


縮れもなく綺麗な翅をしたミズイロオナガでした。


e0064461_283156.jpg


触角の先のオレンジ色がチャームポイント。
白いレースの衣をまとった初夏の妖精、という感じですね。

e0064461_2101769.jpg

[PR]
5月31日、武蔵野公園にて。

e0064461_9215124.jpg


両腕で抱え込んでムシャムシャしていました。
小昆虫や花粉・花の蜜などを食べる雑食性と図鑑に載っていますが、
実際の捕食中を見るのはこれが初めてです。
かわいい顔して結構な迫力。

e0064461_9225770.jpg

後ろ足で踏ん張って体を支えています。


e0064461_9231368.jpg


体調13ミリほど。
背中の黒い模様が消失していますが、個体によって変化があるようなので
セボシジョウカイで合っていると思われます。
[PR]
by atarayo | 2011-06-03 09:35 | 甲虫目
長雨の晴れ間がやっと訪れた5月31日、ゼフィルスさんを探しに野川公園へ行ってきました。
e0064461_4341891.jpg

前に蛹を見つけたクヌギ・コナラの生える辺りへ向かうと、
葉の裏に赤い小さな姿がチョウがぶら下がっていました。

e0064461_4344157.jpg

ウラナミアカシジミです。

e0064461_435448.jpg

そっと覗いてみると、蛹の抜け殻につかまっています。


e0064461_4352532.jpg

自分は見られませんでしたが、アカシジミも観察できたそうです。

e0064461_4355529.jpg


少し離れた場所で、ダイミョウセセリが縄張りを張っていました。



用事を済ませてから公園へ向かったら、夕方近くになっていました。
ゼフは夕方からも活発に動くから~と流暢に思っていたけれど、
観察園の閉園時間にあっという間になってしまい、園内半周も出来ないまま帰宅の途に…
ゆっくり見て回るには午前中に行くのが正解ですね。
[PR]
野川公園のエノキの葉で見つけた派手な幼虫。
調べると、ミツボシキリガのようです。
朱色の大きな頭が異様に目立って、ちょっとグロテスクに感じました。

e0064461_2225956.jpg


葉巻状に綴り合わせた巣に潜っていました。
お尻の赤い部分がチラリと見えています。

e0064461_2241655.jpg



↓観察園内のエノキの若木にいたアカボシゴマダラの幼虫。
e0064461_2253441.jpg

丸々と大きく育っていました。
もうすぐ蛹になるのかな?

e0064461_2262350.jpg



↓観察園内の通路の縁を歩いていた何かの幼虫。
e0064461_2305830.jpg


いつも参考にしている幼虫図鑑さんで調べてみたものの、お名前は分かりませんでした。

e0064461_2334371.jpg



撮影:野川公園にて、2011年5月14日。
[PR]
5月14日、野川公園の自然観察園にて。
観察園で虫探しをしていると、先に来られていた顔見知りの虫撮り仲間さんが「羽化したばかりのようなゴマダラチョウが、下でジッとしてましたよ」と教えて下さいました。
今年最初のゴマダラチョウ!いそいそと撮りに現場へ急行。

e0064461_0575245.jpg

葉っぱの上にチョコンとゴマダラチョウがとまっていました。
夏の終わり頃まで園内で目撃情報を耳にするものの、なかなかタイミングに恵まれず、
まともにゴマダラチョウを見るのは初めてでした。
オレンジの目が印象的ですね。
自分の記憶よりもだいぶ白く感じ、気になって調べました。
すると、第一化は裏翅の白色部分が大きくなる事が書かれていました。
なるほど!

e0064461_058163.jpg

しばらくジーッと待ち…、触角をモゾモゾ動かし始めたあとに翅を開きました。
図鑑に載っている通りのきれいなゴマダラ模様です。

e0064461_0584336.jpg

5人ほどで撮影する中、気にする様子もなくペッタリと翅を広げた様子。
飛び立つための太陽光エネルギーをチャージ中。

e0064461_103892.jpg

その場の皆が撮影に満足するまで、飛び立つ事なくゆったりときれいな姿を見せてくれました。


e0064461_1431516.jpg

虫撮りをしながら散策中、クヌギ(コナラ?)の葉の裏でゼフィルスの蛹が見つかりました。
アカシジミかウラナミアカシジミかミズイロオナガシジミのいずれかだと思われます。
成虫が出てくるまで、もうすぐですね。


e0064461_1433874.jpg


鉄柵にはコムラサキの蛹がぶら下がっていました。
すぐ近くには食草のヤナギがあり、5月上旬から風で落下した幼虫を鉄柵で見掛けていました。
それらが樹上へ戻れず、ここで蛹になったのかもしれません。


見られる虫たちの数も種類も、これからどんどん増えていきます。
楽しい季節が到来しました♪
[PR]
5月13日、武蔵野公園にて。
風で一気に花が落ちてしまったようで、ハクウンボクの木の下が白い絨毯のようになっていました。
e0064461_22361055.jpg

ちょっと物珍しかったのでそれを撮っていると、

e0064461_22365284.jpg


花の波間に、黒い虫がこちらへ向かってくるのが見えました。

e0064461_22402525.jpg


ジッとして様子を見ていると、大きなアオオサムシでした。
ゴソゴソと盛んに花の下へ頭を潜らせて、食べ物を探しているようでした。


e0064461_22415392.jpg


角度によって青緑~黄緑に光る鞘翅がきれいです。
ご飯探しに熱中しているようで、素早く逃げる事もせず。
その姿をじっくり観察できました。


e0064461_22421888.jpg


こんなに立派な翅が生えていますが、鞘翅の下の翅は退化してしまい無く、
飛ぶ事が出来ないそうです。
てっきり飛べる虫だと思い込んでいました。




カゼの方は、セキと喉の痛みがなかなか引かず、ゲッソリ中です(@_@;)
食事を美味しく感じられない事が何より切ない、日々の楽しみなのにーーー
[PR]
by atarayo | 2011-05-24 23:18 | 甲虫目
昨年の写真の日付を頼りに、今年も探しに行ってきました、八国山緑地のミヤマセセリ。
4月15日に撮影したものです。


e0064461_9352592.jpg

芽吹き始めた木々。
ここ周辺は、ジブリ映画のトトロの舞台になりました。
そういえば映画の中で、サツキとメイがトトロからドングリの詰まった小包を貰っていましたね。
ミヤマセセリの食草はドングリを付けるクヌギやコナラです。


e0064461_936017.jpg

緑地の尾根道へ通じる林道へ足を踏み入れてると、すぐに林道沿いを飛ぶ黒いチョウの影が。
昨年観察した同じ場所で、今年も無事に見る事が出来ました。
翅に白いお化粧をしているのでメスですね。
オレンジ色のマークがオシャレ。


e0064461_9362628.jpg

静かに観察していると、3頭ほどが活発に林道を飛び交っていました。
ジリジリととまるのを待って、どうにか撮れたオス。
前翅にはメスのような白い模様がありません。


e0064461_939426.jpg

しばらく眺めていると、樹上からテングチョウが降りてきました。
ミヤマセセリが追い払おうと、追尾バトルが勃発。
ルリタテハもすぐ近くで陣を張っていました。
雑木林を突っ切るように走る林道は、そこだけ少し開けた空間になっており、陽が程よく差します。
ここはチョウたちが好む場所なのでしょうね。


e0064461_9441416.jpg

白いチョウの影が視界にチラついたので、そっと近寄るとルリシジミでした。
スミレでお食事中。
まだまだ土と枯れ葉色が占める視界には、翅の白さが目にまぶしかったです。


e0064461_947231.jpg



撮影:2011年4月15日、東京都東村山市、八国山緑地にて。
[PR]