野川公園で虫撮り、6月15日(1)

アシスタントのラッシュが明け、休みに入った途端に梅雨入り宣言がありました。
うわぁぁん出かけられないいいいっと腐ったのも束の間、昨日は朝から嬉しい晴れ間。
八国山緑地と迷いつつ、ミドリシジミを期待して野川公園へ行ってきました。


e0064461_10133874.jpg

自然観察園は緑が爛漫。


e0064461_1014058.jpg

ゼフや小さな虫達を探して歩いていると、
通路にはみ出た葉の上にハサミツノカメムシのカップルを見つけました。


e0064461_10142622.jpg

肩の鮮やかな赤い角が緑のベースカラーに映えて、すごくきれい。
よく見ると、片方の子の背中に黄色のハートマークが付いていました。
交尾中で角度が悪く見えませんでしたが、
ハサミツノカメムシのオスは、名前の由来通りにお尻から赤い日本の突起がハサミ状に伸びます。



e0064461_10145814.jpg

草の茎に丸っこい虫のシルエットが。
ノコギリカメムシでした。


e0064461_10152680.jpg

腹部のヘリが、ノコギリの歯のようにギザギザ。
翅は薄く、背に張り付くように生えています。
初めて見たときは成虫だと気付かずに、なんのカメムシの幼虫かしらと探してしまいました。



e0064461_10224251.jpg

ミズヒキの葉の上に舞い降りたオレンジのヒョウモンチョウ。
ミドリヒョウモンかな?
去年もハナトラノオやリョウブの花が咲く頃、翅のきれいなミドリヒョウモンを観察しました。


e0064461_10253255.jpg

ちょっと遠い…もう少し近くで見たかったー
少しの時間だけ葉の上に静止して、元気良く飛び立って行きました。


e0064461_10255349.jpg

近くで虫撮り仲間さんが「面白い形をした細長いのがいる」っと、
ドクダミの花の脇を指さしました。
枯れ葉のような…、でもアリの接近に右側の尻尾?がピクリと反応。
撮って帰ってネットで調べると、ガの仲間のカギバガ科、アシベニカギバの幼虫のようです。
一見すると頭がどちらか分かりにくい。左側が頭でした。
食草はスイカズラ科のガマズミやサンゴジュなど。
[PR]